読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空気を愛読したい

Twitter→@classic_gok

現在の好きなジェンヌさん

花組

花野じゅりあさん

仙名彩世さん

柚香光さん

綺城ひか理さん

飛龍つかささん

聖乃あすかさん

 

月組

朝美絢さん

月城かなとさん

 

雪組

彩凪翔さん

桃花ひなさん

咲妃みゆさん

 

星組

七海ひろきさん

十碧れいやさん

瀬央ゆりあさん

有沙瞳さん

星蘭ひとみさん

 

宙組

純矢ちとせさん

愛月ひかるさん

伶美うららさん

和希そらさん

瑠風輝さん

華雪りらさん

星風まどかさん

 

好きなジェンヌさんがたくさんいるので節操なしに思われても仕方ないですね(笑)

私は顔をまず見ます。

その次に身長、歌と続きます。

ダンスと演技についてはよく分からないので…

人事で嫌な思いをしたくないのでご贔屓は今はいないです。

欲望しかないドラマ

女優 百合妄想

私の好みをふんだんに詰め込めたドラマの構想を今練っています。

もちろん出てくるのは女だけです。

私が得すればいいわけなのでね!

百合妄想、閲覧注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設定としては警察ものです(発想力が貧困)

主演は天海祐希米倉涼子、バディを組んでもらいます。

ちなみに一期違いです。

この2人は組織で上手くやっていけないので某ドラマの特◯係みたいな部署にいます。

最初の段階ではかなり仲が悪いです。

2人だけだった部署に新しいメンバーがやってきます。

そう、石原さとみです(何が「そう」だよ)

さとみが天海と米倉を繋げてくれるんですよ…

天海はさとみに対してイケメン対応しますが(性根がイケメンなので)、米倉は塩です。

可愛いとは思っています、だってさとみだよ?

さとみは朝起きれなくて飛ばされちゃいました。

 

天海も米倉も相当にモテます。

天海は紳士ですが米倉はたらしです。

二人とも現在彼女はいませんが、天海は元カノの石田ゆり子と付かず離れずです(ちなみにゆり子は花屋の店長。天海は月一でそこから花を買っていく)

米倉には複数のセ◯レが常時います、倉科カナもその一人です。

米倉が今のところに飛ばされた理由は女性関係でしょうね、奔放すぎる。

天海が飛ばされた理由は正義感が強すぎるとかいうよくあるやつです。

 

かなりベタですがさとみは天海を好きになります。

でも天海はさとみの気持ちに応えることはできません。

そして米倉はさとみに惹かれ始めるんです。

米倉はずーっと同じ女に片思いしてて(まあ内田有紀なんですけど)

内田有紀広末涼子と結婚しちゃって人妻になったので米倉はもう手が出せず、未練だけが残っている状態で女遊びを続けてきました。

そこにさとみが現れたんですね。

天海に告白して玉砕したさとみを後ろから優しく抱きしめ、「あたしにしなよ」ってささやく米倉って最高じゃん…

 

特◯係に対する捜◯一課ってあるじゃないですか、そういう部署がこのドラマにも存在するんですが、そこのトップは鈴木京香かなー

ちなみに腹心が吉田羊、若手刑事が波瑠です(波瑠は井川遥と付き合ってます、この井川は若干メンヘラです)

羊と米倉は同期で、羊は米倉をめっちゃライバル視してます(米倉はどうでもいいと思ってるけど)

でも羊は天海のことは尊敬しています(そして惚れています)

元々天海はこの部署にいて羊の教育係をやっていました。

京香は天海に何度も戻ってくるように誘うのですが、天海は断ります。

まあその理由は後々分かってきます。

 

科捜研には吉瀬美智子シシド・カフカがいます。

この二人はいわゆるお友達(意味深)ですね。

吉瀬のみっちゃんは科捜研を訪れるさとみにちょっかいを出すのが好きです(チューも普通にしちゃう)

シシドは結婚してて子供も普通にいます(今更ですがこの世界では女同士結婚できるし子供も作れるので)(そもそも女しかいなかった)

奥さんは松岡茉優ちゃんで娘三人くらいかな。

シシドは引くくらいベタぼれしてます。

そして茉優ちゃんはさりげなく毒を吐くタイプ。

 

犯人役で出てほしいのは中谷美紀満島ひかりですね。

中谷は最後二話使ってめっちゃ豪華にしてほしい。

小松菜奈ちゃんは中谷の若い燕で、手となり足となり動き回ります。

満島はサイコパスやってほしいなー

逮捕される時に笑い狂うとか。

満島に殺されてほしいのは木村佳乃

佳乃は性格いいから皆から嫌われ孤独だった満島に対して優しく接するんだけど、それが仇となるみたいな。

 

 

 

 

まだまだ考える余地はあるね…

妄想キャスティング楽しいわ~~~~

 

最後に。

このドラマの主題歌は椎名林檎です。

 

 

 

 

百合の話をしよう

百合妄想

今回は私が好きな百合をちょっと語ってみます(今までも散々語ってただろ)

 

「ジャックナイフ×聖母」

私のジャスティスCPは「マリア様がみてる」の佐藤聖×水野蓉子なんですか、まさにこのタイプです。

自己も他者も傷つけずにはいられないような攻めを、受けが優しく包み込む。

実は受けの方が闇が深いとさらにいいですね(蓉子さまはそうでもなさそうだけど)

このタイプのCPでは他に「ラブライブ!」の絢瀬絵里×東條希なども好きです。

希ってアンシーぽいってずっと思ってて、この子をなんとかしなきゃなあって気持ちが今までどっかにあったんです(お前はどこのポジションだよ)

尖っていた絵里だったけど希のおかげで丸くなることができたわけなので、今度は絵里が希の心の奥に眠っているものを起こす番なんじゃないかなと思ってます(だから誰だよ)

 

「女たらし×純粋」

ここで紹介するのは「犬神さんと猫山さん」における相馬さくら×猪里直です。

相馬はねー、本当好きです。

遊び人らしく、チャラチャラしてるのにふっと暗い表情見せるんですよね。

猪ちゃんがなんとか、相馬に本当の恋を教えてほしい。

だって完璧に相馬は愛に飢えてる(勝手に決めつけるな)

前にも話したんですが、遊び人が本気で人を愛するようになる話が大好きなんです。

余裕綽々だったのに必死に相手を喜ばそうと奮闘する遊び人の姿が愛おしい。

 

「年下×年上」

早く大人になりたくて焦る年下と、相手が遠くに行ってしまわないか不安な年上のCP。

年下は若さゆえになんでも挑戦しちゃって年上にも簡単に告白できるんだよね、勢いがあるから。

でも年上はそんな簡単に「うん」とは言えないよ。

だって年下には輝かしい将来があるわけだから足手まといになるわけには行かないし、これからさっき年下にもっといい相手が現れるかもしれないし、好きになりすぎて別れた後のダメージが怖いもの。

そうしてうじうじ悩む年上を、年下が「◯◯さんの頭の中の私じゃなくて、目の前の私を見てよ!」とか言って抱きしめる。

年下も年下で、知識も経験も不足しているから年上を本当に満足させられているか常に不安だし、自分ばかり甘えてるんじゃないかって考えちゃう。

でも年上だって24時間365日大人でいられるわけではないんだから、年下は追いつこうとしなくていいと思うんだよね。

年上が甘えてきたら寄り添うとか、そういうのでいいんじゃないかな。

年下は年上の過去を手に入れたがり、年上は年下の未来を手に入れたがるなら萌えるなと個人的には思います。

 

まだまだあると思うので思いついたらまた語りますね〜

娘役×娘役の可能性

宝塚 百合妄想

百合妄想、閲覧注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘役さん同士の絡みって良くないですか。

うらまど(うららちゃん×まどかちゃん)!!!!!!!!!!

まずビジュアルのバランスが良い。

美しいお姉さまと可憐な少女。

陰と陽。

マリア様がみてる」の祥子様と祐巳ちゃんの雰囲気があると思います。

この二人でマリみてやるべき(笑)

 

理想のうらまどは、遊び人のうららちゃん(この設定大好き)にまどかちゃんが年下の強みを活かして猛アタックし、うららちゃんもいつしかまどかちゃんに惚れちゃうみたいな。

まどかちゃんやっぱり若いから、「私だけを見てください!」とか平気で言えると思う。

最初はしつこいなあと思ってたうららちゃんだけど、まどかちゃんのあまりのまっすぐさに負けてしまう、的な。

うらまど、ショーの一場面でいいから見たいなあ…

 

うららちゃん絡みの百合大好きなんだけど、うららちゃん×花乃ちゃんも好き。

美人と美人、美の暴力。

 

花乃ちゃんはうららちゃんの一番になりたいと思ってるけど絶対それを口には出さない。

うららちゃんはそういう女が嫌いなのを分かってるから。

情事が終わった後、うららちゃんがすぐ帰ってしまうのを引きとめない。

重い女だと思われたくないから。

うららちゃんが寝てる時、たまーに「私だけのものになってください」って小さな声で言う。

叶わないって分かってるのに。

 

花乃ちゃんはうららちゃんと出会うまではずっと人に心を開かなかった。

本当はネコだけどタチやってた(個人的にこういう設定好きなんです)

うららちゃんに会って、初めて本当の自分を理解してくれる人を見つけた。

でもうららちゃんは誰のものにもならない。

だから花乃ちゃんは報われない片想いをし続けている。

最終的に花乃ちゃんは男性と付き合うことになってもいいんだけど、個人的には両想いになれる女性と出会ってほしい。

その女性がじゅりあ姐さんならかなり嬉しい。

じゅりあ姐さんの包容力ヤバくないですか…?

花乃ちゃんの傷ついた心を包み込んでくれそう。

今は好きなだけ眠りなさいって言ってくれるじゅりあ姐さん、最高だわ。

あと、花乃ちゃんは年上が似合うと思う。

 

そしてやっぱり外せないのがうららちゃん×せーこさんだよね〜

年下攻め×年上受け最高でしょ。

いつうららちゃんが自分のもとから去っていくのか不安がっているせーこさんを考えると超萌える。

うららちゃんはちゃんと本気なの。

永遠なんてありえないとは思ってるけど今この時は本気でせーこさんのことが好き。

 

仕事が上手く行かなかったり彼氏と別れちゃったりして人生に疲れちゃったせーこさん。

生きてるの嫌だなと思ってた時にうららちゃんが現れちゃうんだよね。

ノンケだったけど、うららちゃんが相手なのですぐ惚れちゃった(笑)

うららちゃんはせーこさんのこといっぱい褒めてくれる、ありのままのせーこさんを受け入れてくれる。

 

一度手に入ったものが失われるのってやっぱり怖いじゃないですか。

自分はうららちゃんにいつ捨てられるんだろうって、せーこさんは怖くて怖くてしかたない。

好きだけど「もう会いたくない」って言ってしまう。

会わないでいたら絶対耐えられないの分かってるけど、会うことで募っていく苦しみに耐えられなくなったんだよな。

 

うららちゃんがいなくなった後のせーこさんってどうなるんだろう…

新しく誰かと付き合う感じもしないし、自分で死を選ぶようなタイプでもない。

うららちゃんともう一回やり直すのかなあ。

それはそれで違うか…

 

やっぱりうららちゃん良いわ〜

いつも萌えをありがとう。

ちなみにうららちゃんの本命はみりおんです。

人妻に横恋慕してる(みりおんはかなめさんの奥さん)(てるみり好きなので)

本当に好きな人には手を出せないからいろんな女と遊んじゃうんだよね。

あ〜〜うららちゃんに遊ばれたい〜〜(自分キモ…)

 

遊び人が初めて本気で惚れちゃう話好き。

余裕たっぷりだったのに中学生みたいに慌てたりするのが良い。

初めて身体を重ねる時、手馴れてるはずなのに全然上手くできなかったり。

緊張してどうすればいいか分からなくなっちゃうんだよね。

あと、「本当に好きな子とセックスするの初めて」的な台詞も好き。

初見だと「うわ、こいつクズやん」と思わなくもないんだけど(笑)

遊び人がやっと本気で人を好きになれたのが単純に嬉しいのかもしれない。

 

まあ、とにかく。

うららちゃんは萌える。

わりとよくあること

武則天 百合妄想
百合妄想、閲覧注意。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ずっと徐慧×武如意だと思ってたんですけど、逆かもしれない。

 
最近、嫉妬する方を受けに置きたがる傾向にあるなあと気づいたんです。
例えば樹璃×枝織(少女革命ウテナ)とかね。
 
あと単純に、武如意ってかっこいいじゃないですか。
かっこいい攻め大好きだからさ〜〜〜〜
まあ武如意についてはね、いろいろ言いたいことありますよ。
ちょっと君、出しゃばりすぎ。
いや主人公だからね⁉︎
分かってる、分かってるけどさ。
すごいウテナだなあと思うわけです。
親切心を押し付けるところとか人の心に土足で入ってくるところとか似てる。
私、ウテナというキャラ自体は別に好きじゃなくて。
武如意も同じです、ビンビン様はめっちゃ好きだけどね(笑)
 
徐慧の若葉っぽさもかなりある。
特別な人間への憧れがあるんですよね。
私も特別な人間になりたかったので若葉の気持ちめっちゃ分かりますね…
黒薔薇編の若葉回はキツかった。
徐慧は武如意の友達っていう目で見られるのが本当苦しいと思います。
最近しんどいですね、武如意がどんどん皇帝に気に入られてるので。
徐慧だって頭いいし美人だし、普通ではないんです。
でも武如意が目立ちすぎちゃうんです…
徐慧が武如意を嫉妬して憎んじゃうのもわかりますね。
「お前さえいなければ…!!」っていう感情はとても好きです(笑)
自分の行動の基準が相手ってことですから。
 
蕭薔は七実だね〜(笑)
溢れる小物感がそっくり。
なんだか憎めない可愛さがあります。
主人公が最初は嫌だったのにだんだん惹かれていくツンデレタイプ。
表面的にはあれだけど根はいい人みたいな。
蕭薔まだ人殺してないしね、これから殺すのかもしれないけど。
 
韋貴妃は西園寺で楊淑妃は冬芽、殷徳妃は樹璃さんかなあ。
アンシーは…鄭婉言???
何かハマるものができるとすぐウテナパロしてしまう(笑)

中国語覚えようかな

武則天 百合妄想

今、「武則天」っていう中国ドラマにどハマりしてまして。 

武則天は日本だと「則天武后」という名前で有名な、中国唯一の女帝です。
 
このドラマで主役の武如意を演じている、ファン・ビンビンがめちゃくちゃ美人なんですよ…
以前、ファン・ビンビンが女性の監督とキスしてる写真を見てからずっと好きなんですけど(笑)
このドラマのファン・ビンビン、ほんとやばくて(語彙)
まず透明感が半端ない。白い。発光してる。
周りの女性たちも美人揃いなのにその中で群を抜いて輝く美貌…
あの瞳に吸い込まれたいよね(古い)
ちなみにファン・ビンビンさん、何年か前にサントリーのCM出てました。
 
そして主人公の友達の徐慧を演じているチャン・チュンニンさんもいいんですよ。
チャン・チュンニンさんはちょっと堀北真希に似てます。
この方、4カ国語話せるし台湾の大学院を卒業している才女。
美人で頭良くて、しかも34歳って最高やん(35〜39の辺りの年代が一番好きなんです)(その次30〜34、つまり30代)
ちなみにチャン・チュンニンさん、Amebaブログやってます。
 
もう1人喋りたい人いるんですよ〜
キャシー・チャウさん。
楊淑妃という、平たく言えば皇帝の第二夫人のポジションにいる役を演じていらっしゃいます。
この方もかなり美しいんですけど、年齢に驚きました。
なんとアラフィフだそうで!!
ドラマ見てるとそんな風に全然見えないですよ…
怖い、中国怖い…(キャシー・チャウさんは香港のご出身です)
J-PHONEの冊子の表紙になったことがあるみたいですね。
キャシー・チャウさんはキャーキャー言えないタイプの好きな方です(実際は言ってますけどね)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから先は百合妄想なので自己責任でお願いします〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは徐慧×武如意だね。
ここは友情百合なんだけど萌えるのよ〜〜〜〜
ドラマの中で義姉妹の契り交わしてるからね、公式が最大手。
徐慧の方が武如意より年齢的にちょっとお姉さんなのが良い。
武如意はタチっぽいんだけど、徐慧がその上を行くタチなんだよね。
徐慧はドSだと思う…(笑)
言葉責めとか好きそう。
でも縛るのはやめてほしい、私の趣味じゃないので。
武如意は色事に関心なさそうだから徐慧はずっとヤキモキしてたらいいな。
それで徐慧が耐えきれなくなっちゃって(でも私、無理やりするのあんまり好きじゃないんだよね…)武如意を押し倒しちゃうの。
ここの武如意の対応でちょっと悩むんだよな。
全く知識がなくて「?」がたくさん頭に浮かぶ武如意も可愛いし、徐慧の意図を察して全てを理解し包容力たっぷりで徐慧を受け入れる武如意も捨てがたい。
意図が察せられるならもっと早くに事に及びそうな気もするが(笑)
ただドラマでは次第に仲が悪くなるみたいなんだよね、悲しい…
 
そして、ただ今のわたくしの自カプ、楊淑妃×韋貴妃!!!!!!!!!!!!!!!
楊淑妃はさっき言った通り第二夫人で、韋貴妃は第一夫人。
当たり前だけどこの2人は仲悪いよ〜
でも仲の悪さを萌えと感じるのが私なのさ。
相手のこと死ぬほど嫌いなのってもはや愛だから(??????)
愛と憎しみって紙一重って言うじゃん、それだよ。
憎しみつつも愛しちゃう展開大好きなんだよね…
人間の儘ならないところが表れてる気がして。
 
韋貴妃はとにかく意地が悪い。
普通に酷い拷問するし普通に人殺すから。
主人公のことすごい敵視してるし。
でもやることなすこと周りにバレてるんだよね(笑)
詰めが甘いんだよー
そんなところが可愛いんだけど(笑)
ちょっと馬鹿なのがいい。
あとファッションセンスも微妙だと思う(センスがない私が言っても意味なさそう)
韋貴妃は総受け体質だね、分かりやすいツンデレだし。
韋貴妃可愛いよ韋貴妃〜〜
 
楊淑妃は頭いいね。
考えがあまり読めない感じ。
こういうところいいわ〜(さっきと矛盾してやがる…)
あとセクシー、色気あって好き。
抱かれたいもん(笑)
楊淑妃もSのタチだと思う。
徐慧と総攻め対決してほしい。
多分、楊淑妃の方が一枚上手で徐慧は美味しくいただかれる気がする。
楊淑妃は大人の余裕があるからキャンキャン言ってる女を可愛がりたいんじゃないかと思う。
あと思い通りにならない子が好きそう。
 
韋貴妃から楊淑妃には憎しみしかないだろうけど、楊淑妃から韋貴妃には憎しみに加えて可愛いなっていう感情もあると思う。
楊淑妃はやっぱり余裕あるし、ムカつくけど可愛いと感じてる部分もあるはずなんだよ。
捏造になるけど、韋貴妃もだんだん楊淑妃のことが気になってくる展開なので。
少年漫画によくある「あいつを倒せるのは俺だけだ」っていうノリでいいから…
 
理想は、楊淑妃が韋貴妃に「私のこと好きなんでしょ?」って聞いてほしいの。
韋貴妃は「何言ってるの、馬鹿らしい」って返すけど内心めっちゃドキドキしてんのね。
そこで壁ドンしてほしい…(笑)
「何してるのよ…」って言う韋貴妃に、楊淑妃は何も答えない。
どんどん顔が近くなっていく二人。
あと少しでキスするってところで韋貴妃は楊淑妃の肩を押すんだけどそれは本心の抵抗じゃない、実はもう受け入れてる。
そしてキッスするんだよ楊韋は!!!!!!!!!!
キスした後に韋貴妃は「こんなに最悪な気分を味わわせてくれてありがとう」って言うんだよ、心の中ではキュンキュンしてるくせにな。
対して、楊淑妃は「なかなか良かったわよ」って余裕綽々。
カッとした韋貴妃は「あなたが視界にいるのが耐えられないわ」とか言ってその場を去るんだけど、そんな韋貴妃が楊淑妃は可愛くてしかたない。
 
はあ、妄想疲れた…(笑)
けど楽しかった〜〜
 
とにかく武則天は最高ってことです。
ご清聴ありがとうございました。

リバを思う頃に

考察

なぜリバが受け入れられないのか本気出して考えてみた。

「は? 百合はリバってなんぼだろ? 何言ってんのお前」って一瞬でも思った人はお帰りくださいませ。

 

 

 

 

まず、かっこいい攻め×可愛い受けが基本的に好き。

人間は多面的だから一言で「かっこいい」「可愛い」などと決めつけることはできないけれど、攻めにはかっこよさを求めるし受けには可愛さを求めてしまう。

攻めにも可愛いところがあり、受けにもかっこいいところがあるけれども、そもそもそれぞれが「かっこいい」から、「可愛い」から、という前提の上で成り立っている。

 

次に、深層心理で私は男女CPが好きだから百合やBLにも役割が固定していることを望んでいるという可能性。

これは本当は認めたくない、男女CPのあり方を百合やBLに持ち込んでいることになるので。

私は小学校低学年までは姉の影響で少女漫画を読んでいたし、根っこの部分では男女CPが好きなんだと思う。

ただ、私が自分でコントロールできる範囲の自分は男女CPに関してはすごく好みが偏っているし、あまり積極的には見たくないと考えている。

 

最後に、同性同士のカップルだからと言ってなんでも等しくしなくてはならないわけではないだろう、という気持ち。

「女だったら相手を触っているだけではなくて触られたいだろう」

「男だったら挿れられるだけではなくて相手にも挿れたいだろう」

これらの発言は余計なお世話だと思わずにいられない。

攻めは攻めをやりたくてやっている、受けは受けをやりたくてやっている。

平等にしようという考えは一方を下に見ているから生まれるのではないかと思ってしまう。

 

 

以上が私がリバを受け入れられない理由である。

もちろん人の嗜好であるからリバを好む人に対して攻撃をするなどという馬鹿なことはするつもりはない。

どうしても気持ちを抑えられなくなって書いてしまった。

 

ここまで書いておいてなんだが、リバを受け入れられるカップリングも一部ある。

結局お前はどっちなんだと言いたくなるだろうが、人の嗜好ということで見逃してください。

ちなみに小原鞠莉と桜内梨子のカップリングならリバ行けるわ。

 

それでは、また。