読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空気を愛読したい

Twitter→@classic_gok

エゴラッピン

またもやブログを書くのに間を空けてしまいました。

 
今日はまた、家族と映画を観に行ってきました。
「64-ロクヨン- 前編」を観ました。
原作を上下巻とも読んでから観たので話についていけましたが、本を読んでいなかったら分かりづらなかったかもしれない、という印象です。
とは言っても、劇中で3回泣いてしまいました。
佐藤浩市さんの演技に心を打たれました。
浩市さん演じる三上が涙をこらえられず泣き出してしまったシーンでは、私の方まで辛くなりました。
三上は警察の広報官なのですが、警察という組織の中でもがいてもがいて生きている姿を平常心で見ることはできませんでした。
醜形恐怖症の娘とぶつかり合うシーンでは、三上の娘さんと自分自身を重ね合わせてしまいました。
私は病気ではないけれど心が不安定になることが多くて、親には厄介だと思われているのだろうと考えると、娘さんへの対応はそりゃあそうなるよなと思いました…
観終わった後に私の父が「一番悪いのは娘」と言っていて心を抉られました。
父の目にはそう映っただけなのですがショックを受けました。
しかし、映画自体は面白かったので後編も観たいです。
 
近頃、EGO-WRAPPIN'という歌手にはまっています。
満島ひかり主演の「トットてれび」に、ボーカルの中納良恵さんが笠置シヅ子役で出演していたのがきっかけで聴き始めました。
昨日ベストアルバムを買ってヘビーローテーションしています。
「くちばしにチェリー」や「サイコアナルシス」をよく聴いていますが、いいなあと思っているのは「GO ACTION」、「a love song」、「BRAND NEW DAY」、「水中の光」などです。
太陽盤が多いですね(笑)
まだまだ聴き込みが足りないのでしばらくエゴラッピン漬けかもしれません。
 
今日はこの辺で。
それでは、また。