読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前被りが辛い

Twitter→@classic_gok

百合の話をしよう

今回は私が好きな百合をちょっと語ってみます(今までも散々語ってただろ)

 

「ジャックナイフ×聖母」

私のジャスティスCPは「マリア様がみてる」の佐藤聖×水野蓉子なんですか、まさにこのタイプです。

自己も他者も傷つけずにはいられないような攻めを、受けが優しく包み込む。

実は受けの方が闇が深いとさらにいいですね(蓉子さまはそうでもなさそうだけど)

このタイプのCPでは他に「ラブライブ!」の絢瀬絵里×東條希なども好きです。

希ってアンシーぽいってずっと思ってて、この子をなんとかしなきゃなあって気持ちが今までどっかにあったんです(お前はどこのポジションだよ)

尖っていた絵里だったけど希のおかげで丸くなることができたわけなので、今度は絵里が希の心の奥に眠っているものを起こす番なんじゃないかなと思ってます(だから誰だよ)

 

「女たらし×純粋」

ここで紹介するのは「犬神さんと猫山さん」における相馬さくら×猪里直です。

相馬はねー、本当好きです。

遊び人らしく、チャラチャラしてるのにふっと暗い表情見せるんですよね。

猪ちゃんがなんとか、相馬に本当の恋を教えてほしい。

だって完璧に相馬は愛に飢えてる(勝手に決めつけるな)

前にも話したんですが、遊び人が本気で人を愛するようになる話が大好きなんです。

余裕綽々だったのに必死に相手を喜ばそうと奮闘する遊び人の姿が愛おしい。

 

「年下×年上」

早く大人になりたくて焦る年下と、相手が遠くに行ってしまわないか不安な年上のCP。

年下は若さゆえになんでも挑戦しちゃって年上にも簡単に告白できるんだよね、勢いがあるから。

でも年上はそんな簡単に「うん」とは言えないよ。

だって年下には輝かしい将来があるわけだから足手まといになるわけには行かないし、これからさっき年下にもっといい相手が現れるかもしれないし、好きになりすぎて別れた後のダメージが怖いもの。

そうしてうじうじ悩む年上を、年下が「◯◯さんの頭の中の私じゃなくて、目の前の私を見てよ!」とか言って抱きしめる。

年下も年下で、知識も経験も不足しているから年上を本当に満足させられているか常に不安だし、自分ばかり甘えてるんじゃないかって考えちゃう。

でも年上だって24時間365日大人でいられるわけではないんだから、年下は追いつこうとしなくていいと思うんだよね。

年上が甘えてきたら寄り添うとか、そういうのでいいんじゃないかな。

年下は年上の過去を手に入れたがり、年上は年下の未来を手に入れたがるなら萌えるなと個人的には思います。

 

まだまだあると思うので思いついたらまた語りますね〜